ちゃぶログ ベース弾き田中祐太のウェブログ

yutalow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 15日

NY

みなさんこんばんわ、突然ですが、
今日から18日まで、ニューヨークに来ています。
折角なのでdiaryを。

2月14日。着いた初日から、知り合いに紹介をしてもらったQuincyというドラマーのギグに遊びに行くことにしました。
バンドのギタリストが車で迎えに来てくれるとのことなのでハーレムにある彼の家に行き合流しました。
彼の部屋でかかっていたのはWes Montgomery。少し意外だなと思ったのですが、
迎えに来てくれた車では今度はRed Garlandがかかっていました。NYのひとらはみんなもっと新しいのんを聴いていると勝手に
思っていたので、これまた意外でした。

ギグはブルックリンのとあるバーだったのですが、演奏の印象は、音とビートが全員強くてスイングしてること、それからバーでの演奏なので
MCもそんなに無く、ソロも坦々と回して行くのですが、飽きがこなかったです。なんでだろう。みんな言い切っているからかな。
2曲程飛び入りさせてもらい、楽しく時間はすぎて行きました。

ハーレムからブルックリンまで車で1時間程度、向こうのミュージシャンと長時間一緒にいる経験は初めてなので、
彼らの話す言葉が面白かったです。

途中で寄ったピザスタンドでは、僕が頼んだ、黄色、赤、緑パプリカに肉にチーズが乗っている色とりどりのピザを見て、
There are many kinds of shit so your mouth gonna be confused. Huh? と言います。
最初、ひとが食べようとしてるものにshitが乗ってるなんて失礼やのうと思ったのですが、
よく考えたら、「いろんなん乗っとって味がわからんくなるんちゃうん」みたいなことを言ってるみたいでした。
彼らにとってはいろんなんの「ん」とか、なんでも指示代名詞にshitを使うようです。

他のジャズミュージシャンの噂話では、That cat is killing!! と言っていて、始めはそいつがすごいのかしょぼいのか
わからなかったのですが、文脈から、どうやらすごいらしいというのがわかりました。彼らはジャズミュージシャンをcatと呼びます。
全く知らなかったら、ニューヨークに殺し屋のネコがいるという話になってしまうので、
英語を話せたってslangを覚えないと会話についていけねーなと思いました。

帰りのジャズ議論では、90年代は、みんなCutting edge(最先端)の音楽をやりながらもスイングしてた。
けど今はストレート(スイングさせない)ビートばっかりで、Straight ahead(王道ですかね?)に演奏することの技術も、
先人が残して来たものに対する敬意も薄れて来ているのでは?というような話が出ました。
NYは変拍子ばっかりと聞いていて、それにはあんまりハッピーでなかったのですが、こういう意見を持っているミュージシャン
もいるということが知れたことは収穫でした。これでみんなのBGMにWesやRed Garlandがかかっているのも納得。

スイングする音楽に敬意を払いながらも、Cutting Edgeで有り続けるために奮闘するNYのミュージシャンの姿を見ました。
[PR]

# by yutalow | 2009-02-15 21:40
2009年 02月 02日

2月のスケジュールを更新しました!

2月のスケジュールをUPしました。
今月から本数を減らしていますが、1本1本のライブの密度をより濃く!演奏しますので
是非よろしくお願いいたします!
[PR]

# by yutalow | 2009-02-02 08:24
2009年 01月 15日

茶ー

日本のいいところをたくさん知っとかないとなと思う今日このごろですが、
最近こっているのが、緑茶です。

お茶って、もらったり買ったりで家にたくさんあるものなのですが、
今すごい勢いで消費していっています。

ある日なんとはなしに飲んだ緑茶が原因なのです。
まずは母親がいれたお茶を飲んだとき、うまっ!って思ったんですね、
もっと飲みたいと自分でもう一回お湯湧かしていれたら、まずっ!ってなったんです。
たぶん相当明後日な入れ方だったんですね。
で、お茶、なかなか面白いやないか。となり
それでもう虜、、

お湯(水)の温度や量、蒸らす時間なので千変万化するお茶の
深みにはまっていっています。

なんしかおいしいお茶入れられるって、なんかいいぢゃないですか。
[PR]

# by yutalow | 2009-01-15 21:01
2009年 01月 01日

A Happy New Year!!

明けました。

去年は大変、たくさんの方々にお世話になり、
激動の一年を無事乗り切ることが出来ました!
ありがとうございます。感謝感謝。。

久しぶりにちゃんと初詣に行きました。
久しぶりの生田神社。そういえば高校のころは、その後須磨海岸まで電車で行って
海岸で初日の出を見たりしてました。

山盛りの若者に押し流されながらもおさいせんを入れて、パチ、パチ。
切に願うのは、身の回りのみんながいつも健康でいられますようにです。

自分の力でどうしようも出来ないのはそこだけですからね。

自分のことは自分次第なので神頼みはできません。
今年も激動の一年にします。
日本一丸となって、激動の一年にしましょう。
一年を振り返っての感じが「変」というのは、なんとも変な気がします。

では、本年も、よろしくお願いいたします。
[PR]

# by yutalow | 2009-01-01 08:27 | messages
2008年 11月 21日

pekka the saxophonist

先日、Finlandから日本ツアーに来ているテナー奏者、
Pekka Pylkennenさんのライブに行きました。
場所は天満のbamboo clubです。

彼との出会いは、今年の5月、大阪でライブが出来る場所を探してくれという依頼
を受けたことから始まったのですが、また再会できて良かったです。
何年もワールドツアーを自身のバンドで続けているだけあって、非常にかっちりとした
アンサンブルを聞かせてもらえました。

彼のすごいところは、プロモーター無しで日本ツアーを決行していること。
finlandから、インターネットで日本中のジャズクラブを検索して、電話で
ブッキングをしたそうな。ほとんどは英語がわからずブチっと電話を切られた
そうですが、一部話が出来たところでブッキングをしていっています。
それでも本州をあっちからこっちへと飛び回るスケジュールを作れるのだから、
たいしたものです。

ミュージシャンは営業力も大事とは頭では知っていましたが、彼の根性には
本当に感心させられます。押し付けがましいのに、politeだから嫌じゃない。

12月の初旬くらいまでは日本の各地を回ってライブをやっているそうなので、
行きつけのジャズクラブなどで彼の名前を見つけたら行ってみてあげてください。
[PR]

# by yutalow | 2008-11-21 16:57 | messages
2008年 11月 06日

お気張ります!

11月のライブスケジュールをちょこっと更新しましたえ。
11月も、気合い入れて行くどす。
(実家に帰ると、朝、否が応でも「だんだん」の音が耳に入ってきます。祇園です。)

あと、この日のライブに行っていいですか?と聞いてくださることがあるのですが、
いきなりでもどの日でもどの場所でも、ライブに来てくださるの大歓迎ですので、
是非遊びにきておくれやす!

ではでは♪
[PR]

# by yutalow | 2008-11-06 02:12
2008年 11月 04日

遊牧

住み慣れた大阪の家を離れ、神戸に帰ってきました。

久しぶりの実家を満喫する間もなく、引っ越し作業に追われています。

退去の際、とても切ない感情に襲われました。
何も無い部屋は、2年半前、初めて不動産やさんと一緒に部屋に入った時と同じ風景。
それからたくさんものを運び込んで、生活して、
そして今は再び何も無い部屋で不動産やさんと話している。

始まりに戻ったようでもあるし、ここに住んでいた2年半が現実でなかったようにも
感じる不思議なひとときでした。

次の人が入るまでに必ずクリーニングは入ると思うけれど、部屋にお世話になったから
必死に掃除しました。不動産屋さんも、綺麗に使ってくれて、ありがとう。と
言ってくれました。掃除して良かったです。

最後に部屋を出る時は、部屋にありがとう。と言って出てきました。
苦しい時でも、寒い冬でも、自分を守ってくれたように思います。

これからまた、新しい生活が始まるのがまた、楽しみです。
ぼくは遊牧民族なので、住む場所をかえて行くのが好きなようです。


追伸、11月のライブスケジュールをアップしました。
   今月も、よろしくお願いします!
[PR]

# by yutalow | 2008-11-04 10:06 | messages
2008年 10月 01日

BAMBOOCLUBライブ

昨日のBAMBOOCLUBライブは、おかげさまで大盛況となりました。
来ていただいたみなさま、ありがとうございます。
楽しんでいただけましたでしょうか。

アンコールまでいただけたのは感激です。
ボーカル、ギター、ベースという構成はピアノやドラムがいない分、
リズム的にもハーモニー的にも音圧的にも、スペースが出来ます。

やるほうはめちゃ難しいのですが、その分一つ一つの音が際立つのと、
自由な演奏が出来ることが長所かと考えています。
常日頃から、他の楽器に頼っちゃいかんですね。
ベースは常に音楽の中心、バンドの中心にいないといかんですからね。


次のライブは10月8日水曜日、帝塚山RUGTIMEにて
ベテランドラマー石川さんとの演奏です。

これからも日々精進して、
もっといい音を、もっといい絵を、もっといい時間を
提供します。
[PR]

# by yutalow | 2008-10-01 17:28 | messages
2008年 09月 30日

別れと出会い

先日、ずっとお世話になっているジャズクラブへ行った時の話です。

なんかおかしいなと思ったら、いつもバーに立っていたはずのバーテンさんが
いないんです。聞いてみると、どうやら先月末に辞めてしまったそう。

理由を聞くと、何か新しいことをしたいそう。東京に行くとか。

それを聞いて、そんな勝手な!彼がいないとこのクラブの雰囲気が変わってしまう
やないか!と思いかけたのですが、いや待てよと。そんな話どっかで聞いたこと
あるなと思ったら、ああ、自分かい。と気づきました。うう、、

、、、、、
しばらく複雑な気持ちでいたのですが、後任のバーテンさんと会話していく
うち、すげえいい人なので、少しづつ打ち解け、楽しくなって、しっくり来だしました。
新しい、貴重な出会いが出来たな!別に前のバーテンさんとも個人的に連絡とれるし!
と思ったところで、やっと自分を正当化?できました。

人がいなくなると、必ずそれまでその人がしてきたことをほかの人が
するから、そうして新しい出会いが生まれるんだなーと。

すると自分が周りに対してどんな役割、価値を持っているのかが大事だし、
新しく出会った人を早く認めて、受け入れることも大事だし、
それから遠くなる人ともちゃんとkeep in touchすることも大事ですなぁ。

最近自分の身近な人が別の世界(業界)に行ってしまったりして残念だったり
もしていたのですが、今回の件で前向きになれそうです。
[PR]

# by yutalow | 2008-09-30 11:50
2008年 09月 29日

再会!

昨日のラグタイム帝塚山でのライブは、
2年前にニューヨークへ旅立った中村豊さんとの、久々の再会となりました。

中村さんとは、ぼくが学生のころに何度か演奏させていただいていたのですが、
懐かしい話もほどほどに、ファーストセットを始めました。

そして1曲目のsomeday my prince will comeから、心をつかむ美しいタッチに
感動しました。言葉での説明は必要なく、会っていない間の数年間が
音で伝わりました。
その後の曲でも、随所に遊び心を絡めた演奏で、こちらも演奏を続ける
だけテンションが上がってきます。

ドラムのベテラン、石川さんも絶妙のダイナミクスでそれに応えてくださり、
とても楽しいライブになりました。

大学時代の友達も遊びに来てくれて、そちらでも昔話に花を咲かせた一日でした。
ジャズを聴くのは始めてだったそうで、何考えて弾いているんですか?との
質問に、中村さんは、本当は無心で弾けるのが一番。とコメント。

Charlie Parkerは、コードを全て覚えて、弾けるようになったら忘れてしまえと
言ったそうですが、実際にその通りですねー。


ちなみに、いま右手の新しいフォームを研究しています。
コントロール出来るようになったら本番でも使いたいです。
新しいフォームではもっと広がりと弾力のある音が出るようになります!


次回のライブは、9月30日の木原鮎子×鈴木一郎×田中祐太@天満BAMBOO CLUB
です。
今回で2回目の共演となる歌の木原さんはとても素晴らしい歌手です。
一郎君も含めて同い年トリオです。
都合良ければ是非遊びに来てください♪
[PR]

# by yutalow | 2008-09-29 11:01